両家顔合わせ食事会はどんな服装が良いの?

顔合わせ食事会の服装と心構え

顔合わせ食事会、最近では結納のような堅苦しい仕来りはないとはいえ相手方に気に入ってもらえなければ結婚式やその後の付き合い方も難しくなってしまいますので心してかかる必要があります。

男性の場合

男性の場合、スーツがおすすめです。それも普段仕事で使っているものというよりも、正式な場にふさわしいブラックスーツ・あるいは紺色など濃い色で無地の物を選ぶのが一般的です。中に着るのは白や薄い色のシャツ、前もってアイロン掛けをしてシワのない清潔な状態で臨みましょう。ネクタイも派手すぎない色を合わせます。
会場によっては靴を脱ぐこともあるため、靴下に穴が空いていないかなどもチェックしておくことです。

女性の場合

女性の場合は、上品なデザインのワンピースやスーツというのが一般的です。おめでたい場ですから、明るめの色味で華やかさを出しましょう。スカート丈は膝丈かそれより下にします。露出を少なくして清楚なイメージを出すのです。派手すぎる雰囲気は、相手方の母親に好印象を与えることはありません。

母親の場合

母親の場合も、落ち着いたデザインのワンピースやスーツが良いでしょう。主役は婚約した二人なので、それを差し置いて目立ってしまうようなのは避けなければなりません。もちろん、短すぎるスカート丈だってNGとなります。

父親の場合

父親の場合もブラックスーツやダークスーツが一般的です。ネクタイは白やシルバーなど結婚式のときと同じ物を選ぶのがベターです。

兄弟・姉妹・親戚の場合

兄弟の場合にも同じく控えめな色みのスーツです。姉妹の場合にはワンピースやスーツになります。こちらも主役よりも少し控えめなものとなるように注意しましょう。もしもまだ学生であれば、スーツなどは持っていないはずです。そんな時には学生の第一礼装となる学校の制服で十分です。普段使っているものだけに、汚れをきちんと落として清潔な状態にして着用するようにします。
親戚の場合は、家族と同等・あるいはそれ以下の控えめなものを考えることです。

メモ

最近では少なくなりましたが、和装にしてもいいのです。袴や着物・振袖を着ても問題はありません。ただし、両家で格を揃えることです。また、新婦の側がシンプルなワンピースなのに母親が着物でばっちり決めてというのもちぐはぐで、おかしな空気になってしまいそうです。「夏だからお互いノーネクタイにしよう」「一生に一度のことなのできちんと着物で」など、両家で話し合い納得した服装であれば、特に決められたルールというのは存在してはいません。

更新日:

Copyright© 結納 顔合わせ食事会におすすめの料亭・レストラン PANACEA , 2019 All Rights Reserved.