沖縄ハネムーン 失敗しない人気ホテル特集

沖縄ハネムーンの楽しみ方 予算相場とおすすめの時期は?

沖縄ハネムーンの予算相場とおすすめの時期は?

新婚旅行と言えば、リゾート地や海外が王道ですが、実は沖縄も根強い人気があります。ここでは、沖縄への新婚旅行を考えている人に必見の予算相場やおすすめの時期を紹介します。

沖縄 新婚旅行の予算相場

沖縄ハネムーンの予算相場
まず、予算相場としては国内旅行よりは高く、海外よりは安く済むと考えてください。3泊4日程度でも20~30万円ほどあれば、十分楽しい旅行が出来ます。ホテルや現地での観光の内容によっては、この予算内で現地の絶景をバックにウエディングフォトが撮れるプランを選ぶことも可能です。グアムやハワイよりコスパがいいのに、リゾート感あふれる写真が撮れるのは花嫁さんにとっても嬉しいポイントではないでしょうか。

沖縄 新婚旅行でおすすめの時期

沖縄ハネムーンにおすすめの時期
また、沖縄では4~10月までの半年間と長い間海水浴を楽しむことが出来ます。おすすめの時期はこの半年の間でかつ、ゴールデンウィーク、台風シーズン、大型連休を除いた時期です。この時期は閑散期となりますので、旅費が安くなります。その分ホテルをグレードアップしたり、プライベートプランを組んで新婚旅行ならではの特別感を味わってみてはいかがでしょうか。

沖縄の新婚旅行で人気のお土産について

沖縄の新婚旅行で人気のお土産について
沖縄に新婚旅行をした時に人気のお土産は、定番のちんすこうです。何故なら、ちんすこうは沖縄のお土産として知らない人がいないお菓子で、相手に行ってきた旅行に行ってきた事がストレートに伝わるからです。そして沖縄のお土産ショップならどこでも購入出来て、最悪買い忘れてしまって空港で気付いても購入できる点も魅力です。それ以外にも人気の理由があって、焼き菓子でクリームが入った饅頭やタルトなどと違って、賞味期限が長い事や、夏場の暑い時期でも腐る心配が無いからです。それ以外にもほとんどのパッケージは薄くてコンパクトで旅行鞄のスペースを取らない持ち運びの便利さや、焼き菓子なので非常に重さが軽い点も人気のお土産である理由です。そんな黒糖を使った定番のちんすこうですが、その甘すぎる高カロリーの黒糖味だけでなく、様々な改良が加えられた製品も増えています。例えば沖縄原産の塩やパインナップルや紅芋などを使ったちんすこうや、甘さ控えめの健康志向の商品も売られてます。

思い出に残る新婚旅行になるよう、しっかりプランを考えてみてくださいね。

ハネムーンで沖縄に行く時に必須の持ち物

旅行の持ち物

季節 必須の持ち物
Tシャツ、下着、カーディガン等の上着、タオル、水着、ビーチサンダル、日焼け止め、カメラ、折り畳み傘
Tシャツ、下着、タオル、水着、ビーチサンダル、日焼け止め、カメラ、折り畳み傘、レインコート(台風対策)
Tシャツ、下着、カーディガン等の上着、タオル、水着、ビーチサンダル、日焼け止め、カメラ、折り畳み傘、レインコート(台風対策)
長袖シャツ、下着、厚めのアウター(本島の11~12月頃の寒さ、防寒着)、日焼け止め、カメラ

沖縄は年間を通して温かいので、Tシャツは多めに持っていくと外出時はもちろん宿泊先でゆったりと過ごす時の部屋着としても活用する事ができます。
そのように年間を通して温かいからこそTシャツで十分であるものの、ハネムーンで訪れる季節が春もしくは秋であった場合には、日が沈んだ後に雨が降ると肌寒さを感じる場合もあるため、軽く羽織る事ができるカーディガンがあると尚良いです。
そして、沖縄は日差しが強いので海沿いで遊ぶ時間が長かったりマリンスポーツを楽しむ方はもちろん、街の中を散策して過ごす時間が多い場合にも日焼け止めを塗りつつ、サングラスも着用しておくと安心です

季節別の服装 おすすめコーデ

春の沖縄の場合

<春の服装は寒暖差をしっかり意識しよう>
日中は暖かいので半袖のTシャツなどで大丈夫です。しかし、朝と夜は冷え込むこともあるので、長袖も用意しておくことがポイントになります。カーディガンなど簡単に羽織れるものがあると便利です。3月ごろは冷えやすいので、半袖はインナーに使うことを考えて厚手にしましょう。

夏の沖縄の場合

夏<夏は風通しの良いファッションを選択>
夏は基本的にノンスリーブで問題ありません。新婦はスリット入りのワンピースなどが無難です。サングラスや帽子といった日光対策のコーディネートも忘れないようにしてください。屋内は冷房がよく効いているので、すぐに羽織れるものを携帯するようにしましょう。

秋の沖縄の場合

<秋のコーディネートはバランス感覚が大切>
まだ夏の暑さは残っていますが油断をしてはいけません。厚手のアウターはまだ必要ないですが、半袖をベースとしつつ、パーカーやストールなどもセットで持っていくと良いでしょう。履物に関しては、サンダルでは足元が寒いと感じる恐れがあるので運動靴がおすすめです。

冬の沖縄の場合

<冬も暖かいけれど寒さ対策が必要>
沖縄といえども冬は寒さの対策を意識しなければなりません。外出することが多いならコートなどを用意しておく必要があります。風の勢いが強い日も多いため、風を通しにくい素材のものが適しているでしょう。インナーに関しても、基本的には長袖を選択するようにしましょう。

沖縄では雨が降りやすい時期があるので折りたたみ傘を持っていったり、雨に濡れてしまった時にすぐに拭けるようにタオルもあると、健康的に沖縄で過ごし続けられます。
ただ、台風の時期は風が強すぎて傘がほとんど機能しません。この時期はそもそも屋外を観光することはお勧めしませんが、レインコートを用意しておくと良いでしょう。
さらに、ハネムーンで沖縄に行くのであれば後で見返して思い出に浸れるツーショット写真が気軽に撮影できるアイテムも必須の持ち物です。

沖縄ハネムーンの楽しみ方



沖縄新婚旅行のおすすめ旅行日数は?

ゆったり楽しみたいなら4泊5日

沖縄県の新婚旅行は国内でも人気が高い事で有名であるものの、同時に費用が高めである事でも広く知られています。沖縄新婚旅行のコストは国内旅行の中では高めですが海外旅行よりも安めに抑えられる分ホテルなどをハイクラスにできるのが魅力です。
4泊5日の旅行であれば20万円から30万円となっており、この費用は東京ディズニーランドや関西でのハネムーンよりも高く、国内でもトップクラスです。

コストを抑えたいなら2泊3日

旅行日数によってコストは変わる。
平均的な相場は20万円から30万円とされていますが、これは4泊5日の場合です。逆に言えば短ければ短いほど安く、長ければ長いほど高いのは当然と言えます。例えばあるプランでは2泊3日なら6万円から10万円、3泊4日なら8万円から12万円が基本です。

程よく楽しみたいなら3泊4日

とことん楽しみたいなら長い方がいい。
コストを抑えつつ、気楽に楽しむなら2泊3日の旅行がおすすめですが、程よく楽しみたい場合は3泊4日が丁度良いです。この日数であれば沖縄県全体を堪能できますが、とことんハネムーンを充実させたいなら6泊7日であれば離島めぐりすらできます。要するにニーズによって、おすすめの日数が違うというわけです。

沖縄のおすすめ観光スポット

沖縄美ら海水族館

沖縄美ら海水族館
新婚旅行でおすすめの沖縄観光スポットその1は、デートでもハネムーンでも人気の沖縄美ら海水族館です。
沖縄なのに水族館は意外かもしれませんが、巨大な水槽で美しい海を表現していたり、素敵な雰囲気の演出があるので魅力的です。
天気に関係なく足を運べるのも魅力ですから、新婚旅行で沖縄を訪れたら足を運んでみることをおすすめします。

瀬底島ビーチ

瀬底ビーチ
沖縄観光スポットその2の瀬底ビーチは、車で移動できる範囲にも関わらず、サンゴや魚と触れ合えるシュノーケリングが楽しめます。
割と遠浅で800mほどですが、開放的で海は透き通っていますし、天気が良ければずっと思い出に残る絶景が眺められるでしょう。海水浴場として人気なので、季節によっては人が集まりますが、それでも時間帯によっては貸切状態になります。
とにかく海水の透明度が高く、沖縄の中でも上位に位置しますし、空の青さと相まって最高の開放感が味わえます。
遠くには伊江島と水納島が見えますから、美しい夕日と合わせて、一度足を運んでみる価値があると思われます。

斎場御嶽

斎場御嶽
新婚旅行でおすすめその3は、世界遺産に指定されている斎場御嶽で、地元では聖地と呼ばれているスポットです。
琉球王国時代に祭祀が行われていたので、一歩足を運べば空気が変わるのを実感できますし、他とは違う神聖な場所だと感じられるはずです。
いわゆるパワースポットでもありますから、世界に誇る沖縄自慢の魅力に触れてみたい場合におすすめです。

おきなわワールド

おきなわワールド
その4のおきなわワールドは、歴史や文化に自然まで詰め込んだ、沖縄がまるごと楽しめるテーマパークです。
テーマはエリアによって分けられていて、それぞれ特定のテーマについて思う存分に浸れるのがポイントです。
古民家は琉球時代のもので、そこでは伝統工芸を造ることができますから、沖縄の歴史と文化を体験して味わえるでしょう。

ニライカナイ橋

ニライカナイ橋
沖縄には絶景スポットが数多くありますが、その5のニライカナイ橋は定番中の定番で、やはりおすすめしない理由がない場所です。
大きなカーブを描く橋は、開放的な自然環境の中に造られていて、ゆっくりと時間が流れる沖縄を思わせます。
何処までも見渡せる景色は限界がないかのようで、空と海は水平線を挟んで繋がって見えますから、新婚旅行で足を運ばないのは勿体ないです。

瀬長島


その6 の瀬長島は、沖縄空港から車で約10分ほどの場所にある離島で、2013年に開業した琉球温泉瀬長島ホテルがシンボルになっています。
また、2015年には商業施設が誕生しており、観光やショッピングのスポットが充実しました。
沖縄本島と距離が近いですが、ビーチでは潮干狩りやバーベキューが楽しめますし、本島とは違った雰囲気の中で沖縄の良さが堪能できるでしょう。

浜比嘉島


その7、浜比嘉島は珊瑚の石垣や赤瓦屋根といった、昔ながらの家が立ち並ぶ集落のある離島です。
アクセスは車で90分ほどですから、自家用車で足を運ぶのが便利ですし、沖縄本島とは異なる風景が楽しめます。
現地はいわゆるパワースポットとして人気ですが、同時にもずくの名産地でもあるので、訪れる際は是非食べてみることをおすすめします。

伊是名島


その8の伊是名島は、日本渚百選に選ばれている二見ヶ浦海岸を持ち、伝統的な風景の家並みがあるスポットです。
赤瓦屋根の集落が歴史を感じさせますし、ここだけ時の流れが異なるかのような感覚が味わえます。
島名産の海ぶどうがいただけたり、琉球王国尚円王が生まれた場所に足を運べるなど、伊是名島は沖縄であって他とは違う良さがあります。

伊江島


その9 伊江島は車で2時間ほどを要しますが、フェリーを利用すると30分くらいで到着します。
往復で料金は掛かるものの、海水浴が楽しめる伊江ビーチは格別ですし、時間を掛けたりお金を支払うだけの価値が感じられるはずです
ゴールデンウィークの期間に限られますが、自生する100万輪ものテッポウユリが花を咲かせるので、花好きにもおすすめできます。

古宇利島


沖縄は本州などからでも飛行機で数時間で行くことができ、羽田空港からであれば3時間弱で沖縄に到着します。移動にかかる時間が少なく、海外の様なリゾート気分を味わえるため、新婚旅行に最適です。沖縄での新婚旅行でおすすめなスポットは古宇利島で、2km以上の橋から眺める景色はとてもきれいです。また晴れた日や天候の良い日であれば、エメラルドグリーンに光る美しい海を見られることもあり、新婚旅行の思い出になります。

参考

新婚旅行なら一生の思い出になる場所を選びたいと言うカップルも多いでしょう。そういった新婚旅行に相応しい場所は海外だけに限りません。国内にもたくさんあります。例えば沖縄もその一つです。沖縄にはのんびりとした南国の雰囲気があり、ゆったり出来るリゾートホテルがたくさんあります。海辺に行けばエメラルドグリーンに輝く海と白いビーチが広がっています。マリーンレジャーが盛んで、ダイビングをすれば美しい珊瑚や色鮮やかな魚たちに出会えます。このようなリゾート気分を満喫できる場所は新婚の二人にピッタリですし、二人だけの最高の思い出が期待出来ます。

ハネムーンにおすすめ!沖縄離島ツアー



沖縄新婚旅行でおすすめのレストラン5選

レストランアルドール


沖縄の新婚旅行でおすすめのレストランその1は、スペイン料理や地中海料理を提供するレストランアルドールです。
那覇空港より車で約50分、アメリカンビレッジからは約10分と、沖縄本島の中で程良いアクセス性を誇ります。
地中海料理を採り入れた、特別なひと時が味わえるように工夫を凝らす隠れ家的な人気店ですから、新婚旅行の際におすすめできます。

鉄板焼天


その2の鉄板焼天は、名前の通り鉄板焼を中心に様々な料理を提供しているレストランです。
鉄板焼が五感を刺激する1皿料理に仕上げられるので、これまでの誰もが思い描くイメージとは一線を画します。
素材に拘り良さを引き出すことを大切にしていますから、厳選食材そのものの美味しさが堪能できるでしょう。
県庁前駅徒歩4分圏内と、地元だけでなく遠方からも利用しやすいです。

レストランサンヴァンサン


その3レストランサンヴァンサンは、和の要素を採り入れたフレンチ一筋で勝負をしているお店です。
古島駅より徒歩5分とアクセス性は良好ですし、明るく落ち着きのある店内で、日本人好みのフレンチがいただける贅沢を併せ持っています。
ランチもディナーも提供されますから、何時訪れても拘りの料理が味わえる良さがあります。

ピザハウス


その4、ピザハウスは創業から60年以上の歴史がある老舗で、地元に愛される本格的なイタリア料理店です。
店名のようにピザが主力商品のお店かと想いきや、実はローストビーフや熟成肉などの料理を得意としています。
勿論ピザもありますが、ガッツリ系もアッサリ系も上質で落ち着きのある、そういう店内で食べられるレストランです。

ホテルオリオンモトブリゾート&スパ銀河


その5のホテルオリオンモトブリゾート&スパ銀河は、スパを併設するレストランに入居しているお店です。
和処や鉄板焼の取り扱いもありますが、中華や欧風とフレンチ要素もありますから、1つの言葉で括ることは難しいといえます。
ディナーのみの提供ですが、それはシェフが時間と手間を掛け、最高の料理を提供しようとしているのが理由です。

先輩夫婦の沖縄新婚旅行 アドバイス

女性

沖縄の新婚旅行はツアーで申込みをしました。ツアーは、終日自由行動なので自分達の好きなように過ごせます。また、新婚旅行ということでホテルにこだわりました。沖縄はリゾートホテルからビジネスホテルまで様々ありますが、目的によって使い分けた方がいいです。リゾートホテルの方が料金は高いですが、ホテルにビーチやプールが付いているので、わざわざ出かけなくてもホテルでゆっくり過ごせます。部屋から水着で行けるので二人の時間が楽しめます。

男性

新婚旅行の行先は海外を含めて色々迷いましたが、やはり治安が良くトラブルが少ない上に費用を抑えられる日本国内にしようという話になりました。それでも南国気分を味わいたいという理由で、行先は沖縄を選んでいます。私は沖縄に何度か行ったことがあるのですが、妻は初めてと言うことで相当楽しみにしていました。当日の新婚旅行では、私が沖縄を案内するという形でリードすることが出来たので、行き先に選んで非常に良かったと思っています。

女性

新婚旅行で海外を選ぶ夫婦が多い中、最近では国内を旅行先に選ぶ夫婦も増えてきています。実は国内でも十分楽しめる旅行先が増えており、とてもおススメです。
特に人気があるのが沖縄です。実際に沖縄へ新婚旅行に行ってきたのですが、少しシーズンがずれていたこともあり、旅費自体がかなり安く済みました。そのため、現地でのウエディングフォトをたくさん撮ってきました。シーズンがずれていることで気が済むまで人気のないビーチで写真を撮ることができ、とても良い思い出となりました。ぜひこれから新婚旅行を考えている夫婦は沖縄も選択肢に入れてみてくださいね。

女性

今年、新婚旅行で沖縄に行きました。沖縄にはこれまで一度も行ったことがなく、主人も小さい頃に一度行ったきりだったため青い海とフルーツを目当てに行くことにしたのです。10月でもかなり暖かく、海に入っている人が多くいました。途中で急な土砂降りにあったり、不安定な天候でしたがカヤックやシュノーケリングをする時は快晴で本州では味わえない体験ができて良かったです。以外と言っては失礼かもしれませんが、魚が美味しかったのには驚きました。

-新婚旅行・カップルの記念日におすすめプラン, 沖縄全域

Copyright© PANACEA , 2020 All Rights Reserved.