赤ちゃん連れ・ファミリー歓迎の秋田 乳頭温泉 旅館・ホテル7選!

休暇村乳頭温泉郷


休暇村乳頭温泉郷は子供連れ、赤ちゃん連れでも安心して行ける場所です。食事はバイキング形式になっていますが、子供向けの食事が用意されています。溶質にはエキストラベッドを入れれば3人宿泊できるため、赤ちゃんを連れて行くこともできます。うれしいことに赤ちゃんを連れて行く場合は無料で利用できるため、家族3人での旅行であれば2人分の料金を出せば泊まれます。食事などは自分で用意しないといけませんが、家族旅行としては十分な環境です。
休暇村乳頭温泉郷

鶴の湯温泉


鶴の湯温泉は江戸時代に発見された温泉としてかなり長い歴史を誇りますが、その佇まいも江戸時代そのものです。温泉は4つありますが、硫黄の香りなどもあまりしないため、赤ちゃん連れでも安心して入れます。ただ全体的に屋外に温泉があり、冬場などは神経を使うところです。混浴があるためそこに家族で入る形になりますが、まずは赤ちゃんと一緒に入り、その後はお父さんとお母さんがそれぞれ面倒を見ながら入る形がおすすめです。
鶴の湯温泉

乳頭温泉郷 妙乃湯


女性に大人気なのが妙乃湯ですが、貸切の露天風呂があり、先に予約をすれば利用できるため家族水入らずの時間を過ごせます。女性にとって快適な環境を目指していることもあり、お母さんにとってはストレスのない環境と言えます。アメニティはある程度用意されており、足りないものはこちらで用意するなどすれば、特に問題ありません。赤ちゃん連れでも安心して行けるところであり、料理も非常に健康的で、誰の口にも合うようなものになっています。
乳頭温泉郷 妙乃湯

乳頭温泉郷 大釜温泉


大釜温泉は全室和室になっていますが、24時間入浴ができるのがポイントです。赤ちゃんが急に泣き出したとしても、再び寝かしつけてお風呂に入って寝るということもできます。食事は山の幸を中心としたものが出てくるほか、朝食は日本人なら定番の和食が出てくるため、朝にはぴったりです。温泉の中にはぬるめのお湯もあるため、赤ちゃんと一緒に入ることもできます。実家に帰ってきたような温かみが大釜温泉にはあるため、そのあたりも魅力的です。
乳頭温泉郷 大釜温泉

乳頭温泉 山の宿


県道から外れて山道を走った場所はブナの原生林に囲まれた一軒宿があります。ここは乳頭温泉の一つでもあり、秋田県を代表する温泉旅館です。一軒宿と言っても、本館から引き湯を行った別館でもある山の宿があり、貸切露天風呂を設置しているなどからもファミリーにもお勧めです。ちなみに、山の宿に宿泊をした人は本館の温泉も利用することが可能ですが、山の宿は本館とは異なり静かな趣を持つお勧めの宿、小さなお子さんも対応可能です。
乳頭温泉 山の宿

乳頭温泉 紅葉館


秋田県を代表する乳頭温泉の中でもハイクラスに分類される宿があります。こちらの宿は金の湯と銀の湯、2つの源泉を持つ温泉宿で、非日常的な時間を過ごすのに最適です。また、赤ちゃんが一緒でも安心な旅館、その理由は温泉宿の公式サイトには子供や幼児などの人数入力も可能になっている、食事や蒲団を付けたプランや食事や蒲団を不要にしたプランなど、赤ちゃんがいるファミリーにもお勧めの宿です。ちなみに、紅葉館は渓流側で渓谷美を楽しむことも出来るお勧めの部屋もあります。
乳頭温泉 紅葉館

黒湯温泉


4月から11月までの期間限定で営業している黒湯温泉は自炊プランがあり、自分たちで食事の準備をしますが、そうすることで現地で買った食材で料理ができるだけでなく、子供のために離乳食を作れるため、便利です。電子レンジや洗濯機なども用意されており、何かと汚れやすい赤ちゃん連れの洗濯物をしっかりと洗えます。もちろん温泉に入ることもでき、堪能できます。用意するものは多いものの、気楽に旅ができるのがおすすめです。

秋田県 乳頭温泉に赤ちゃん連れで旅行に行くならおさえておきたい3つのポイント

ポイントその1

秋田県の乳頭温泉の中には古くは江戸時代から当時湯として人々に親しまれている温泉旅館があります。川のせせらぎが心地よく、静かに流れる時間の中で心行くまで温泉を楽しむことが出来ます。一見、静かな宿などからも赤ちゃんやファミリーには不向きと感じる人も多いかと思われますが、こちらの宿は赤ちゃんのいる家族でも対応して貰えますし、川のせせらぎは赤ちゃんにとってもぐっすりと眠ることが出来る子守唄にもなってくれるのではないでしょうか。

ポイントその2

秋田県のイチオシ温泉、乳頭温泉の中でも子供専用のお風呂や温泉を用意している旅館はファミリーで温泉を楽しみたい家族におすすめの宿が多数あります。赤ちゃんは身体が小さく未熟などからも、大人にとっては嬉しい温泉成分も身体が小さいと負担になってしまうこともあります。赤ちゃんも対応可能な宿の場合は、温泉成分の影響を考えて薄めてあるなどの配慮があるので安心ですし、水位が低めに作られているなど小さなお子さん連れでも安心です。

ポイントその3

乳頭温泉は秋田県を代表する温泉、この温泉旅館の中には離乳食サービスやベビー用品の無料貸し出しを行っている宿もあります。赤ちゃんと一緒だと宿泊を断れてしまうのではないかと不安に感じるファミリーも、こうしたサービスがある宿なら安心です。尚、離乳食サービスは事前にお願いをしておくこと、初期や中期、後期などの月齢に応じて離乳食を用意して貰うことが出来る宿もありますし、子供用の布団やタオルケットなども事前に相談しておけば用意して貰うことが可能です。

秋田県 乳頭温泉の魅力 3つのおすすめポイント おすすめポイント

おすすめポイントその1

乳頭温泉は秋田県の田沢湖畔から30分ほど離れた山の中にあります。乳頭温泉のおすすめポイントのひとつに各旅館がそれぞれ独自の源泉を持っており、旅館ごとに泉質が異なることが挙げられます。お湯は白い湯と茶色い湯、緑の湯など旅館によって違っているので、湯めぐりなどで違いを楽しむことができます。各旅館でさまざまなタイプの浴槽を持っており、何れも鄙びた感じがあるためゆっくりと落ち着いて入浴することが魅力です。

おすすめポイントその2

乳頭温泉のおすすめポイントの2つ目は、自然に囲まれていることです。完全に自然の中にあり、秘湯として知られているので、古き良き日本の風景を堪能することができます。数件ある旅館も全て和風で湯治場の風情を残した落ち着いた雰囲気があり、周辺には娯楽施設や飲食店も無いので、都会の喧騒を忘れさせてくれる非日常感に溢れています。春から夏へかけての緑一色と、秋からの紅葉に染まった山々、冬の雪で真っ白な風景など、一年を通して楽しむことができます。

おすすめポイントその3

乳頭温泉のおすすめポイントの3つ目は、泉質が違うそれぞれの温泉で効能が多種多様であることです。美肌や冷え症の改善、皮膚病や糖尿病に効果がある温泉や、動脈硬化症や消化器病、リウマチ性疾患や婦人病など、さまざまな効能が旅館の温泉ごとに異なります。乳頭温泉自体はエリアが狭いので、移動に時間をかけることなく各種の温泉を堪能できます。登山やスキーの拠点としても便利で、疲れた身体を癒すにもおすすめの温泉郷です。