引っ越しの荷造りや業者の比較、タイミングや必要なもの

引っ越しの荷造りや業者の比較、タイミングや必要なもの

引っ越しの荷造り、タイミングや必要なもの

引っ越しの荷造りはどれくらいの期間がかかる?


引っ越しは物や家族が多いほど荷造りに時間を要するため家事や仕事の合間を縫って早めに準備していく事が大切であり、早めに着手し作業を進めていく事によって引っ越し当日を迎えても荷造りが完了していないという状態が防げます。
しっかりと引っ越し当日までに荷造りが終えられた事例で多いのは当日から逆算して2週間もしくは1ヶ月前から荷造りを開始する事例が多く、次いで1週間前から2週間前に着手した事例が多いです。
そのため物や家族が多かったり、仕事などで忙しく過ごしている方は1ヶ月前から荷造りに着手すると余裕を持って作業が進められるようになります。

引っ越し業者にお願いするのはいつ頃がベスト?


そして、1ヶ月前には荷造りと並行して現在生活している賃貸物件の解約手続きをはじめ依頼する引っ越し業者の比較や郵便物の転居手続き、インターネットに関する手続きや粗大ごみの予約手続き、固定電話の手続きなども進めていきます。
特に進学や就職、転勤などが活発に行われる春や秋などは引っ越しをする方が集中する時期なので引越し業者の需要も高まります。
業者が予約を新規受付できないほど依頼が入っている事例の他に、予約は可能であるものの自身の荷物や家財道具が収められるトラックの手配ができない場合もあるので、業者選びに際しても荷造りと同様に早めに行う事が大切です。
業者を探し始めるタイミングで最も多いのが2ヶ月未満から3週間以上の期間であり、続いて3週間未満から1週間以上が多いので3週間前には業者を選定しておくべきです。
こうした業者選びの期間で理解しておくべき事は車両の手配や予約が難なく行える期間であり、より良い恩恵を受けるために業者選びをする際には尚一層早めに行うと割引率が高くなったり、要望に柔軟に対応して頂けるようになります。
また、引っ越しに慣れていない場合はまだ引っ越し日までに日数が残っているのにも関わらず日常生活を送る上で使用する日用品などもダンボール箱に収納してしまいやすいので、日常生活に必要なものや貴重品は最後に収納しましょう。

関連記事をもっと見る

  1. この記事へのコメントはありません。