賃貸を探す方におすすめな安い時期と家賃交渉の仕方

賃貸を探す方におすすめな安い時期

賃貸の安い時期はいつ?

アパートなど賃貸物件探しを行う方は、できるだけ安い時期に入居先を決めたいと考えることも多いのではないでしょうか。エリアにより違いはあるものの、通常の繁忙期は2月後半から4月まで、5月のゴールデンウィークや9月の連休などが相当していて、それ以外の季節は安い時期に当たることが一般的です。賃貸物件のオーナーや管理会社による違いもありますが、繁忙期は客足が多いこともあり、賃料を値下げすることはありません。引越しのタイミングを自由にできる条件下であれば、敢えてこの時期はずらすことがおすすめできます。

家賃交渉の仕方

家賃交渉も管理会社次第で随時行うことはでき、事実として同じ物件内でも住んでいる人により家賃額が異なっているということは珍しいことではありません。あまり入居率が高くはない賃貸物件の場合は、家賃交渉で引き下げることは決して無理ではないので、諦めずにチャレンジしてみることがコストカットには欠かせません。単に家賃額だけではなく初期費用もチェックすることも必要です。賃貸物件では初期費用に敷金・礼金の設定がある物件が多く、エリアにより違いはありますが、毎月の家賃額の2か月分から4か月分程度が普通の範囲です。

初期費用と更新料

初期費用には引っ越し代も含まれるので、安い時期に引っ越しをすることには金銭的メリットは絶大ではないでしょうか。長く住む方は更新料の額面もチェックすることも忘れてはならない項目です。2年ごとに更新料を支払う物件や、そもそも更新料の設定が無いという賃貸物件もあるので、こちらも要チェックです。後は審査に通過することが大前提なので、各不動産会社で提示している要件を満たせば問題はありません。

保証人等の審査基準

審査には勤務先や収入の情報、保証人を立てることが必要であったり、家賃保証会社と契約することが必要な物件もあります。トラブル無しで普通にお仕事をしている方は簡単に審査で落ちてしまうことは極めて少ないので、この項目はクリアできる範囲と見込めます。現在ではネット上のサイトでいつでも賃貸物件探しができ、優れたサイトでは0時までチャットでの受付を行っています。このようなサイトを活用するとお目当ての物件を簡単に探せます。

関連記事をもっと見る

  1. この記事へのコメントはありません。