小さいお子様連れ家族旅行におすすめ!赤ちゃん子連れ家族旅行

子連れグランピングで重宝する持ち物10選!

子連れグランピングで重宝する持ち物

虫除け殺虫ライト モスキーランタン


その1「虫除け殺虫ライト モスキーランタン」・LEDライトと殺虫ライトが一体化したポータブルタイプのランタンです。バッテリータイプなのでコンセントは必要なく、防水加工も施してあるため雨に濡れても心配は要りません。3段階で明るさの調節が可能で、満充電時なら最長20時間連続点灯することができます。

SOLRソーラーランタン


その2「SOLRソーラーランタン」・太陽光で発電と充電が可能である上、USBでも給電できるため電池を準備する必要がありません。ソーラー部分を取り外すことができるため、使用しないときは収納ケースとして小物を入れておくこともできます。とても丈夫で軽量に作られているので、夜間に子どもがトイレに行くときなどに重宝します。

ひっくり返らない食器ezpz


その3「ひっくり返らない食器ezpz」・ランチョンマットと一体化したタイプのシリコン製の食器で、テーブルに密着するためひっくり返される心配がありません。また、大きなマットが食べこぼしをキャッチしてくれるのでテーブルも汚れにくく、子連れでもゆっくりと食事を楽しむことができます。

テントマット


その4「テントマット」・テントやバンガローの中に敷く、少し弾力のあるマットです。特に地面と直に組み立てるテントの場合は、シュラフだけではゴツゴツして体が痛くなるため必須アイテムです。防水加工されているためテント内で飲み物などをこぼしても心配なく、ピクニックなどのレジャーシートとしても利用することができます。

ヘッドランプ子供用


その5「ヘッドランプ子供用」・キャンプ場は基本的に足場が悪いため、夜間のトイレには足元を照らすランプは必需品です。このヘッドランプはプラスチック製なので軽く耐久性に優れており、ランプ自体の角度も調整できるため足元を明るく照らすことが可能です。両手を自由に使えるため、夜間でも安全に移動することができます。

LOGOSアクアFDバケツ


その6「LOGOSアクアFDバケツ」・ジッパー付の透明なカバーが付いているので、水を入れない時はキャンプ道具入れとして使用することができます。水を運ぶのはもちろん、海や川でカニや魚を獲ってきたきたときにも重宝します。使用しないときは折りたたんでコンパクトに収納できるのも特徴です。

ファーストエイドキット


その7「ファーストエイドキット」・コンパクトなポーチの中に、三角バンドや止血帯、アルコール消毒ピースや消毒不織布シートなど、11種類の応急処置用品がセットになっています。また、ポーチは防水加工になっているので、水に落としても中身が濡れることはありません。子連れグランピングには欠かすことのできないアイテムです。

コールマン・リラックスフォールディングベンチ


その8「コールマン・リラックスフォールディングベンチ」・アルミフレームなので軽量で安定性に優れた、子ども2人がゆったり座れるサイズのロースタイルベンチです。フレームロック機能が付いているため、子どもだけで座っていても安心です。折りたためばコンパクトに収納できる上、持ち運びに便利なハンドルが付いています。

キャプテンスタッグ・テントタープサンシェルター


その9「キャプテンスタッグ・テントタープサンシェルター」・夏場のグランピングに、タープは欠かせないアイテムです。紫外線を95パーセントカットしている上、シームレス加工なので雨の侵入を防ぎます。多彩なセッティングが可能ながら設営も簡単で、持ち運びに便利なキャリーバッグも付いています。

キャンパーズコレクション・フォールディングテーブル


その10「キャンパーズコレクション・フォールディングテーブル」・サビに強いアルミフレームを採用しており、コンパクトにたためて重量もおよそ5キロと持ち運びに便利です。高さを2段階に調節できるため、子どもの高さでテーブルセッティングすることが可能です。横揺れ防止の専用プラスチックパーツが付いているので、子どもがぶつかっても倒れにくく安全です。

赤ちゃん連れでグランピングなら必須の持ち物

赤ちゃん連れだからキャンプは無理、と諦めていた人もグランピングなら冷暖房完備の施設やコテージを利用できるので快適にすごすことができます。ですが赤ちゃんと一緒となると、普段のお出かけの準備に加えて用意したほうがよいものがあります。ここでは赤ちゃんと一緒にグランピングにいく際に必須の持ち物を5つ紹介しますので、出かける際の参考にしてください。

まずは粉ミルクや哺乳瓶、哺乳瓶洗浄ケースや紙おむつなど一式です。グランピングだけでなく赤ちゃんと一緒の旅行には欠かすことができないものです。付帯施設で販売しているところもありますが、使い慣れたものを持参した方がなにかと安心です。

新生児用 紙オムツ


紙オムツのサイズは体重6kg以内くらいまでの新生児用と4~8kgくらいまでのSサイズ、6~11kgくらいまでのMサイズ、9~14kgくらいまでのLサイズがあります。
個人差がありますが新生児は1日10回くらいオムツを替えると言われていますので100枚くらいあっという間になくなりそうですね。

粉ミルク


粉ミルクは固形のものが売っています。粉ミルクのように計ったりこぼれる心配がないので外出先ではとても便利です。

ほ乳びん


現在市販されているタイプは軽量で割れにくく、外出先でも使いやすいプラスチック製と、汚れや臭いがつきにくく熱湯をいれても問題なく、繰り返し使用することができる耐久性の高いガラス製の二種類が販売されています。外出先ならプラスチック製が割れずに安心ですね。

ほ乳びんブラシ


温かいミルクをいれるとほ乳瓶は雑菌が繁殖しやすくなるので、毎回清潔に保つためにもブラシタイプとスポンジタイプ、シリコンタイプの専用ブラシを利用すれば、溝の部分も隅々まできちんと洗浄し綺麗に汚れを落とせます。

ほ乳びん用洗剤


乳幼児は大人に比べて抵抗力が低いことから、直接口をつけるほ乳びんは毎回きちんと除菌をする必要があります。そこでほ乳びんを除菌する方法として専用の錠剤タイプの洗剤を溶かして薬液につけておくだけで手軽に除菌が可能で、一緒に赤ちゃんの使用する食器やおもちゃもまとめて綺麗にすることもできます。

ほ乳びん消毒用品


ほ乳びんを消毒する場合、薬液につけて消毒する方法と鍋に熱湯をいれて煮沸消毒をする他に、電子レンジ消毒の三種類があります。その中でも専用の消毒ケースに入れて電子レンジに入れるタイプは手間もかからず、レンジで5分ほどで消毒が完了できるので、コンパクトに保管できて消毒も簡単に済ませたい場合におすすめです。

使い捨て哺乳瓶


グランピングの施設によっては食器などを洗う設備が整っていない所もありますので使い捨て哺乳瓶ならどんな外出先でも安心です。防災用としてもとっておけます。

虫よけや虫刺されの薬


次に虫よけや虫刺されの薬です。グランピングだとアウトドアにつきもののダニなどに刺される心配は軽減しますが、普段の生活と比較して虫が多い環境であることに変わりはないので、持って行った方が安心できます。

薄手の長袖


薄手の長袖の上着も持って行ったほうが良いです。冷暖房完備のところだと必要ないと考える人もいるかもしれませんが、バーベキューなどを予定している場合は日焼け防止になりますし、朝夕の冷え対策としてもあった方がよいです。

懐中電灯


懐中電灯も必需品です。赤ちゃんと一緒に夕方散歩したり、夜に虫を探したりするときなどに必要になります。

手指の消毒用のシートやジェル


お食事のときなどは手指の消毒用のシートやジェルです。充分な設備が完備された施設でも、赤ちゃんの手指はいろんなものを触ってすぐに汚れます。普段と違う環境で思いもかけないものを触ってしまうこともあるので、消毒用のシートを携帯していればいつでもどこでも汚れたところを清潔にできます。グランピングはホテル並みのサービスを受けながら自然を楽しめるスタイルなので、持ち物はできるだけ少なくして出かけたいものです。ですが、普段と環境が変わることに違いはありませんので、せっかくのアウトドアで赤ちゃんが体調を崩してしまうことのないようしっかりと準備したいものです。

おむつが臭わない袋


赤ちゃんとお出かけのときの必需品として、BOS (ボス)のおむつが臭わない袋があります。BOS (ボス)は驚異的な防臭力を持つ高機能素材です。BOS (ボス)のシリーズのおむつが臭わない袋は、その名の通り使用済みの赤ちゃんのおむつの不快な臭いを強力に防ぐことが出来る便利な袋です。お出かけの際に何枚か携帯しておけば安心ですし、おむつだけではなく臭いが生じるゴミなども入れておくことが出来るのでとても重宝します。

話題のグランピングおすすめ宿泊施設を見る

グランピング

2019/10/29

子連れキャンプでも安心な厳選グランピング宿泊施設10選!貸別荘・バケーションレンタル

子連れキャンプでも安心な厳選グランピング宿泊施設 今年は大型連休があったりと何かと話題の年ですが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。お子さんがいらっしゃる方は休みが近づくにつれ、お子さんがどこか遊びに行こうとねだられますよね。わたしは子供が小学校に入るまでに近くの公園や科学館など身近な施設に遊びに行くことがおおかったのですが、子供が成長するにつれだんだん足を運んで遠くまでいき、海外旅行も数度か行きました。ただ海外はなかなか行きたくても今回のような大型連休がない限りは難しいです。そこでおすすめがなのが以下の ...

ReadMore

千葉県 グランピング

2019/11/20

千葉でおすすめのグランピング宿泊施設5選!子連れキャンプでも安心!

千葉のグランピングおすすめ施設予約 テントイチノミヤ千葉 「テントイチノミヤ千葉」は、道具を使ったり面倒な作業をしなくても快適に利用することができます。自然豊かな場所にいながらも、まるでホテルに滞在しているような心地の良い空間を提供しています。地球と遊ぶということを主なコンセプトとして、物を持参することなく手ぶらで海や食事、BBQなどを楽しみたいと考えているときにおすすめです。 テントイチノミヤ千葉 鹿の音がこだまする御宿 「鹿の音がこだまする御宿」は、周囲に滝や植物などが溢れていて自然を満喫することがで ...

ReadMore

静岡県 中部地方 グランピング

2019/11/20

静岡でおすすめのグランピング宿泊施設10選!子連れキャンプでも安心!

静岡のグランピングおすすめ施設予約 マヒナ・グランピング キャンプでありながらホテル並みのサービスを受けられるマヒナ・グランピング 家族連れでキャンプに行く場合に最も大変なのは、テントの設営や食事の準備などです。これもキャンプの醍醐味と言えるものですが、子ども連れの場合には子供の行動にも目を配らなければならず、非常に大変なものとなることが少なくありません。マヒナ・グランピングはテント設営や食事の支度等はスタッフが責任をもって行うので、伊豆の自然とキャンプを楽しみながら子供としっかりと遊ぶことができるのが特 ...

ReadMore

兵庫県 グランピング

2019/11/20

兵庫でおすすめのグランピング宿泊施設9選!子連れキャンプでも安心!

兵庫のグランピングおすすめ施設予約 グランシャリオ北斗七星 グランシャリオ北斗七星は、淡路島に広がる満点の星空が楽しめる、子連れキャンプに最適なグランピングスポットです。 アクセスは車で岩屋港から約10分、淡路ICからだと約3分で、こちらはシャトルバスも利用できるのがメリットです。 アレルギー対応食の提供や電動車に二段ベッドなど、子供に優しく楽しませてくれる魅力が満載ですから、子連れのキャンプの利用も安心です。 ネスタリゾート神戸ネスタリゾート神戸 神鍋山荘 神鍋山荘は特製ダッチオーブンを備えている、贅沢 ...

ReadMore

長野県 中部地方 グランピング

2019/11/20

長野・軽井沢でおすすめのグランピング宿泊施設9選!子連れキャンプでも安心!

軽井沢のグランピングおすすめ施設予約 木曽駒高原 森のホテル 長野県で初となるグランピング施設が木曽駒高原 森のホテルのフォレストドームです。ポーランドから輸入したドーム型テントは室内空間も広く、天窓からは高原の青空と夜空を堪能できると評判です。食事は森のホテルのシェフが監修したもので、ステーキや信州サーモンなど季節の旬な食材を大自然の中で優雅に楽しむことができます。 木曽駒高原 森のホテル いこい山荘 1日1組限定のいこい山荘のグランピングは、面倒なテント張りや片づけを全て山荘スタッフが行います。テント ...

ReadMore

京都府 グランピング

2019/11/20

京都でおすすめのグランピング宿泊施設9選!子連れキャンプでも安心!

京都のグランピングおすすめ施設予約 グランドーム京都天橋立 グランドーム京都天橋立は京都丹後の大自然の中にある、パノラマビューが堪能できるグランピング施設です。 この施設では、食材持ち込みOKのバーベキューやレストランに、季節を問わず快適なドームテントと、貸切タイプの露天風呂やシャワールームまであります。 また、自然が味わえるいちご狩りや海水浴場に遊具がある公園など、親子で一緒に楽しく過ごせます。 グランドーム京都天橋立グランドーム京都天橋立 Mezzo ALL SUITE VILLAS Mezzo AL ...

ReadMore

関東地方 グランピング

2019/11/21

関東でおすすめのグランピング宿泊施設10選!子連れキャンプでも安心!

関東でおすすめグランピング宿泊施設 キャンプに子供を連れていくのには、自然が多くて、でも危なくない等といろいろ考えてしまいますが、関東でもお薦めのグランピング施設があります。 鹿の音がこだまする御宿 「鹿の音がこだまする御宿」は千葉県の大多喜町にあるこの施設は、大自然の中にあり野鳥や鹿に出会うことができ、クワガタやカブトムシ等の昆虫採集や蛍を鑑賞することもできます。晴れていれば虫の声を聞きながら満点の星を眺められる事もあり、車で20分くらいの所に興津海岸や守谷海岸等のビーチもあります。 キャメルホテルリゾ ...

ReadMore

東北地方 グランピング

2019/11/21

東北でおすすめのグランピング宿泊施設5選!子連れキャンプでも安心!

東北のグランピングおすすめ施設予約 エンゼルフォレスト那須白河 エンゼルフォレスト那須白河は、ありのままの自然を生かした広大な敷地に多彩な施設が点在している複合リゾートです。愛犬と一緒に温泉に入ることもできますし、天然柴の広々としたドッグランもあります。東北最大級のグランピングサイトにはテントの中にモダンな家具が配置されていて、手軽にアウトドアを満喫することができます。 しゃくなげ平貸別荘&コテ-ジ 森吉山妖精の森コテージラウル 森吉山妖精の森コテージラウルは秋田県の森吉山麓に位置しており、北欧風のコテー ...

ReadMore

沖縄県 グランピング

2019/11/20

沖縄でおすすめのグランピング宿泊施設10選!子連れキャンプでも安心!

沖縄のグランピングおすすめ施設予約 むりぶしの宿 国頭郡本部町にあるむりぶしの宿は、人数に合わせた3種類のテントがあり、デッキ上にはシャワールームやリビングセット、ハンモックが用意されています。テント内にはエアコンや冷蔵庫などを完備しているので、蒸し暑い夜も安心です。食材は持込みとなっていますが、調味料やホットプレートなどの貸し出しは無料です。 美ら海ビレッジ NAKANDAKARI 南城市玉城仲村渠にあるNAKANDAKARIは、1棟貸切タイプで、インフィニティプールやプールバーなどの設備があるグランピ ...

ReadMore

北海道 グランピング

2019/11/20

北海道でおすすめのグランピング宿泊施設5選!子連れキャンプでも安心!

北海道のグランピングおすすめ施設予約 「グランピング」は「グラマラス」と「キャンプ」を合わせた造語で、自然の中で快適かつ贅沢にキャンプを楽しむことをいいます。大自然の中で、暖かいベット付きの大きなテントや、豪華な夕食や朝食などのホテルのようなサービスを受けることができるのが魅力です。 フェーリエンドルフ 河西郡中札内村にある「フェーリエンドルフ」では、森の中にある3タイプのコテージを選んで宿泊できます。夜は温かなベッドと暖炉のあるダイニングで、仲間や家族とのんびりとくつろぐことができるでしょう。また、本場 ...

ReadMore

関西地方 グランピング

2019/11/21

関西でおすすめのグランピング宿泊施設10選!子連れキャンプでも安心!

関西のグランピングおすすめ施設予約 関西でおすすめのグランピング施設をご紹介します。 GRAX HANARE / 京都 ひとつめはGRAX HANAREをご紹介します。 こちらは京都府南丹市に所在するアウトドアリゾートです。大自然の中でバーベキューディナーを堪能し、快適なベッドの中でゆっくりと眠るなど、みんなで泊まれて誰でも気軽に楽しめるリゾートとなっています。高原で快適にアウトドアを楽しめます。 グランシャリオ北斗七星グランシャリオ北斗七星 / 兵庫 パームガーデン舞洲 / 大阪 次はパームガーデン舞洲 ...

ReadMore

関東地方 グランピング

2019/10/29

関東でコテージに泊まれる宿泊施設10選!子連れグランピングでも安心!

関東でコテージに泊まれる宿泊施設 那須ハイランドパークオフィシャルホテル その1那須ハイランドパークオフィシャルホテル、栃木県にある名所那須が誇る暖房付きのリビングとツインベッド2部屋のスイートルーム仕様のホテルと言えます。滞在期間中はなんと那須ハイランドパークが入場無料となる特典付きで、お得に泊まる事ができ、家族連れには大変満足度の高いですし、周りの景色がとてもいいのもグッドです。 那須ハイランドパークオフィシャルホテル 尾瀬東明荘ログハウスコテージ その2尾瀬東明荘ログハウスコテージ、夏が来れば思い出 ...

ReadMore

関西地方 グランピング

2019/10/29

関西でコテージに泊まれる宿泊施設10選!子連れグランピングでも安心!

関西でコテージに泊まれる宿泊施設 はなれ山水 関西でコテージに宿泊できて子連れグランピングでも安心な宿を、10件紹介します。 その1は「はなれ山水」でマキノサニービーチが目の前にあって、美しい知床川が横に流れている果樹園を備えた借り切りです。1300坪ある敷地には5棟あり犬も泊まれます。定員18名までの大コテージはゆったりしたテラスがあり台所と風呂と、トイレが付いてます。14名まで泊まれる中は家族から小グループまで利用かのうで、小タイプの6名まで泊まれるタイプもあります。全て木造で地元の大工が作ったもので ...

ReadMore

更新日:

Copyright© 家族旅行特集 PANACEA , 2019 All Rights Reserved.