おすすめ路線その1 成田→ブリスベン→シドニー、シドニー→ハミルトン島

カンタス航空のおすすめポイントはハミルトン島へ旅行に行く場合に利用できる航空会社として、最安値に近い形ではカンタス航空を利用することで料金を格安で現地まで到着できるメリットがあります。ただ乗り継ぎが2回必要となり、東京の成田からブリスベンまで行き、ブリスベンからシドニー、シドニーからハミルトン島に到着する流れになります。
つまり乗り継ぎをしなければならないため、乗り継ぎのための時間がかかってしまう点が大きなデメリットとなってしまいます。
格安航空券・ホテルを検索

おすすめ路線その2 羽田→シドニー→ハミルトン島

ハミルトン島まで航空機で行くためには、乗り換えが多数、行わなければいけないデメリットが存在します。2回以上となると苦痛になりますが、乗り換え一回程度なら我慢することができる場合はあります。
東京の羽田からオーストラリアのシドニー行きのカンタス航空を利用すれば、そのシドニーから直接的にハミルトン島まで行ける航空機が存在します。乗り換えにしても1回で済みますので、乗り換え自体を一回で済むことが可能となるメリットもあり、しかも時間短縮にも繋がります。
格安航空券・ホテルを検索

おすすめ路線その3 成田→シドニー→ハミルトン島

東京の成田から日本航空を利用してシドニーまで行き、シドニーからカンタス航空を利用してハミルトン島まで行くことができます。このメリットは日本でも馴染みのある航空会社を利用することができるという安定感があります。
デメリットとしては、シドニーまで行く料金が割高になってしまう点です。時間によっては乗り継ぎなどの面でも待ち時間が長時間になる恐れもあるため注意が必要となるケースも存在し、現地へ到着するまでの時間がかかってしまう点も存在します。

おすすめ路線その4 成田→ゴールドコースト→シドニー→ハミルトン島

おすすめ路線その4 東京の成田からジェットスター航空を利用してゴールドコーストまで行き、そこでカンタス航空に乗り換えシドニーまで出て、シドニーよりハミルトン島まで行く方法があります。乗り継ぎに関しても2回発生するデメリットや航空料金についても割高になってしまう点も存在します。
ただ乗り換えのための待ち時間がそれほどかからないことが多いメリットもあり、他にもジェットスター航空の様な割安航空会社を活用したい方にとっておすすめの方法となります。
格安航空券・ホテルを検索

おすすめ路線その5 羽田→関西国際→ケアンズ→ハミルトン島

東京羽田より全日空で大阪の関西国際まで行き、日本航空かジェットスター航空によってケアンズに行きます。ケアンズよりカンタス航空でハミルトン島まで行く方法が存在します。
デメリットとしては乗り継ぎが発生する点とそれに要する時間も若干かかってしまう点があります。なお最短で行きたい場合でも1回乗り継ぎよりも2回乗り継ぎをした場合の方が時間もかからず到着できる場合が存在します。
上記の方法の場合、15時間程度の移動時間で比較的に早く到着できるメリットがあります。
格安航空券・ホテルを検索