出産前は赤ちゃんの名前を考えたり、オムツや肌着、ベビーベッドを買いそろえたりいろいろ忙しいですよね。臨月を迎え、いよいよ出産間近になると心配ごとも増えナーバスになってきます。でも出産してからやるべきことはたくさんあります。赤ちゃんが産まれてから最低限やらないといけないことをまとめました。

 

まずは出産報告を

まず最初に忘れてはいけないのが出産報告です。付き添いで来てくれた家族以外で遠くに住んでいる両親や職場に報告しましょう。仲の良い友達よりも両親や職場の方が優先です。

 

役所に出生届を提出

赤ちゃんが産まれたら14日以内に出生届を提出しなければいけません。平日しかやっていない所も多いので最寄りの役所の営業時間を調べておきましょう。事故や天災などやむをえない理由以外で期限を過ぎてしまうと罰金5万円以下を払わなければいけません。

期限

  • 出生から14日以内

提出先

  • 届出人の本籍地か住民票がある地域の市区町村役場
  • 赤ちゃんが生まれた地域の地域の市区町村役場

必要書類

  • 届出人の印鑑(スタンプ印以外)
  • 出生届・出生証明書(赤ちゃんが生まれた産院で受け取り)
  • 母子手帳

 

健康保険の加入

赤ちゃんの健康保険は1ヶ月検診までに加入しなければいけません。一般的にお父さんの扶養にはいる場合が多いですが、所得がお母さんの方が100万円以上多い場合はお母さんの健康保険に加入します。

期限

  • 1ヶ月検診まで

提出先

  • 社会保険の場合は勤務先の担当窓口(健康保険組合など)
  • 国民健康保険の場合は住民票がある市区町村役場

必要書類

  • 届出人の健康保険証
  • 届出人の印鑑(スタンプ印以外)
  • 母子手帳(出生届出済証明が記入されたもの)
  • 課税証明書

※加入している健康保険組合や提出先によって必要書類が異なる場合があります。
勤務先の担当窓口に確認してください。

 

児童手当の申請

児童手当は中学生までの子どもに支給される制度です。所得限度額未満の場合は児童一人あたり3歳未満で月額15,000円支給されます。

期限

  • 出生月内

提出先

  • 申請者の住民票がある市区町村役場

必要書類

  • 申請者の印鑑(スタンプ印以外)
  • 申請者の健康保険証写し
  • 申請者の銀行振り込み口座番号の分かるもの
  • 所得証明書(課税証明書)
  • 個人番号(マイナンバー)および本人確認書類(パスポートや免許証など)

※申請する地域の役所によって必要書類が異なる場合があります。

乳幼児医療費助成制度の申請

乳幼児医療費助成制度とは乳幼児の医療費を助成してくれる制度です。

期限

  • 1ヶ月健診まで

提出先

  • 申請者の住民票がある市区町村役場

必要書類

  • 申請者の印鑑(スタンプ印以外)
  • 乳幼児医療費助成申請書
  • 所得証明書(課税証明書)
  • 母子手帳(出生届出済証明が記入されたもの)
  • 乳幼児の健康保険証

※申請する地域の役所によって必要書類が異なる場合があります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です