赤ちゃん用 靴


赤ちゃんは生後12歳頃になると歩いたり、走ったりすることができます。そのため、外で履く靴が必要になります。赤ちゃんはすぐに大きくなるので衣類は少し大きめのサイズを買うことが多いですが、靴はぴったりのサイズを用意することをお勧めします。というのも、靴が足に合わないと靴擦れなどの原因になるだけでなく、歩き方にも影響を与える可能性があります。できれば実際に子どもと靴を買いに行って試し履きすると良いです。
赤ちゃん用 靴

お絵描きグッズ クレヨン


多くの赤ちゃんは絵を描くことが大好きです。1歳にもなるとところ構わずどこでも絵をかきたがるほどです。そこで、お絵描きに必要なグッズが必要になります。用紙は特別なものは必要ありませんが、描くための道具はクレヨンがおすすめです。というのも、色鉛筆は細くて赤ちゃんにとって持ちづらいだけでなく、力加減が難しくすぐに折れてしまいがちです。その反面、クレヨンは握りやすく太い線もかけます。なお、すぐに口に入れてしまうので体に害のないものを選ぶのもポイントです。
お絵描きグッズ クレヨン

水筒


12ヶ月になると赤ちゃんはストローを使って上手に飲み物を飲むようになります。ですからストローのついた水筒やコップを用意しましょう。なお、水筒やコップを買う時の注意点ですが、まずはストロー部分が取り外せるものを選ぶことです。なぜならストローは汚れやすいので取り外せた方がこまめに洗えるからです。また、赤ちゃんは何でも噛みたがるので、すぐに破損して使えなくなることがあります。そのため、後からストローだけを別売りで購入できる商品であれば経済的です。
水筒

赤ちゃん用フォーク スプーン


最初の頃は離乳食を食べさせてもらっていた赤ちゃんも1歳頃になると自分でご飯を食べるようになりますので、赤ちゃん用のフォークやナイフなどを用意しましょう。なお、食器については大人と変わらないものでも良いのですが陶器ですと赤ちゃんが床に落として割ってしまうという危険もあります。また、赤ちゃんはその時の気分で食事を食べたがらないことも珍しくありませんが、お気に入りのキャラクターのフォークや食器などを見せると楽しく食べてくれる場合も多いです。
赤ちゃん用フォーク スプーン

赤ちゃん用 絵本


赤ちゃんは絵本が大好きです。1歳頃の赤ちゃんはまだ言葉の意味は理解できませんが、それでも絵本の中の絵に興味を持ったり親子のコミュニケーションの時間になります。また、子どもの脳は多くのことを吸収するので、絵本は脳の発達にとっても良い刺激となります。他にも絵本を読んでいると大人もリラックスできるという効果があるだけでなく、寝つきの悪い子どもでも絵本を読んであげるとすぐに寝るということも少なくありません。
赤ちゃん用絵本