就職して社会に出るまでは親がかけてくれていた保険でなんとなく過ごしていたかもしれませんが一人暮らしや自立してからは保険について考えなければいけません。病気や怪我、万が一の時のために保険は自分だけでなく両親や家族に迷惑をかけないための備えです。

就職を機に保険を見直す

子供の頃に親が加入してくれた保険をずっと利用しているという人は、卒業して就職という段階で一度保険を見直してみることがおすすめです。若いからと言って病気や万が一のリスクは低いというのは一理あります。しかし交通事故やケガといったリスクは少なくありません。あまり負担がかからない医療保険や少しの死亡保障がついている保険などを選ぶことで、日々の暮らしを安心して過ごすことが出来ます。女性であれば女性疾患がついた保障内容もポイントが高いと言えるでしょう。

結婚を機に保険を見直す

保険見直しの大きな転機はやはり結婚でしょう。守る家族が増えるという点でも保険内容は大きく変わってきます。最近では共働きで働く家庭も多く家計を支える形態も多種多様です。独身時代にお互いが加入していた保険を二人で一緒に見直し、残すものと内容を見直すものを区別しましょう。その際には保険受取人の変更手続きなども一緒にする必要があります。今後の人生設計についても話し合い無駄のない保険選びをするようにしましょう。

出産を機に保険を見直す

家族が増えるということは保険を見直す機会でもあります。子供は成長するにつれて教育資金がどんどん増えていきます。それに伴い生活費もかかるようになります。家計に負担が少なく保障も充実した保険選びというのが重要になります。学資保険の加入は早い方が負担が少ないものです。家計を担う一家の主の死亡保障も見直しのチャンスです。出産前<後は女性が今までのように働くことが難しい時期でもあるため、万が一に備えて保障内容を見直してみましょう。

住宅購入を機に保険を見直す

一生で一番大きな買い物である住宅購入時も保険見直しの機会です。住宅ローンを組場合はほとんどの人が団体信用生命保険へ加入することとなります。そのために住宅ローンの契約者に万が一のことがあった場合残ったローンは保険で支払うことが出来ます。住む場所の確保が出来たことになるため、賃貸で暮らしていたころよりも必要保障額というのは下がるのです。その分病気になったときなどの医療保険を充実させると安心でしょう。

定年退職を機に保険を見直す

定年退職となると収入が大きく減ることとなります。しかし子供がいる家庭では独立していたり、住宅ローンの支払も済んでいるという家庭も多いでしょう。家計に負担のかかる大きな死亡保障というものは必要ないと言ってもいいでしょう。自分たちが第二の人生を過ごせるような病気やケガといった保障重視の保険に切り替えていきましょう。ただし土地や預貯金、有価証券などを多く持っている人は相続税の問題も出てくるために死亡保障は多めに加入した方がいいでしょう。