ハワイアン航空


おすすめ航空会社その1 いくつかおすすめの航空会社がありますが、ハワイアン航空が安くておすすめです。羽田空港、成田空港、新千歳空港の他、関西空港からも便が出るようになりハワイへ行くのに非常に安く行くことができるようになりました。メリットはその安さになり、ツアーでホテル代も含めてかなり格安で利用することができるでしょう。特に若い方に人気がありますが、デメリットとして機内食サービスや手荷物預けが有料になります。荷物が少ない人には気軽にハワイに行くことができるのでかなり有益になるでしょう。
格安航空券・ホテルを検索最安値航空券+ホテルを1発検索!

バニラエア (旧 エアアジア)


おすすめ航空会社その2 安さという面では、関西空港に就航を開始したバニラエアというLCCがハワイへ行くにはとても安い選択肢の1つになります。メリットとしては何と言ってもその安さです。ツアー企画でホテル代も含めても格安で行くことが出来るので若い方に特に人気があります。デメリットは機内食のサービスや大手航空会社では無料の手荷物預けが有料になる点でしょう。ただし、荷物が少ない方にとっては気軽にハワイに行くことが出来る有益な選択肢になります。
格安航空券・ホテルを検索最安値航空券+ホテルを1発検索!

中国東方航空


おすすめ航空会社その3 中国の大手航空会社を利用するとかなりコストを抑えて利用することが可能です。日本を出てから中国の上海などに乗り継ぎすることになりますが、中国を経由するので安くハワイに行くことができます。時間的に経由便は時間のロスになるとデメリットに感じる人もいますが、中国を代表するサービスキャリアとしては機内サービスなどが充実していると言えるでしょう。荷物が多かったり手荷物を預けたい人や、移動中機内食を食べたい人にはかなりメリットがあります。
格安航空券・ホテルを検索最安値航空券+ホテルを1発検索!

スクート


おすすめ航空会社その4 スクートというLCCもハワイに就航しています。
LCCにはなりますが、使用機材がボーイング787という最新機材を多く保有している航空会社になるため、航空機材が原因となる遅延や血行が少ないというメリットがあります。
もちろん、LCCになるため機内食サービスや手荷物を預ける場合有料になるというデメリットはありますが、航空料金が非常に安いのでその分補ってくれます。スクートはシンガポール航空という大手航空会社の子会社にあたるので安心感があり、世界中の人が利用している航空会社です。
格安航空券・ホテルを検索最安値航空券+ホテルを1発検索!

大韓航空


おすすめ航空会社その5 大韓航空という韓国の大手航空会社を利用する方法もあります。
一度日本を出て韓国のソウルで乗り継ぎをする必要がありますが、韓国を経由する分、安くハワイへ行けます。
時間的には経由便はロスになるとデメリットと感じる方もいますが、その分韓国を代表するフルサービスキャリアとして機内サービスが充実しています。
荷物が多く、カバンを預けたい方や、移動中も機内食もきちんと食べたい方にとってはメリットが多い選択肢でしょう。
格安航空券・ホテルを検索最安値航空券+ホテルを1発検索!

全日空 ANA


おすすめ航空会社その6 日本の全日空を使うという手段もあります。
日系のフルサービスキャリアは高いというイメージが先行するものですが、実は繁忙期以外では割安なツアー企画が販売されていることがあります。
ANAは旅行代理店も子会社として保有していますので、割安なキャンペーンが販売された際に上手に購入すれば決して高くはない価格でハワイへ行くことが出来ます。
2019年の春からは超大型航空機380がハワイと東京間を就航予定ですので、販売が強化されることが予想されます。
メリットとしては東京からハワイへの直行便を利用できること、デメリットは早めの予約ということになるでしょう。
格安航空券・ホテルを検索最安値航空券+ホテルを1発検索!

日本航空 JAL


おすすめ航空会社その7 JALに関してもハワイ路線は強化しています。
これまで輸送能力としては日本一を維持してきたJALですが、ANAがA380を導入することで、二番手に甘んじることになります。
日本のフラッグキャリアとして高いサービスを受けることが出来るのはメリットですが、これまでデメリットであると考えられてきた価格についてもANAとの競争激化で価格が安くなると予想できます。
ハワイ路線は近年LCCの参入が相次いでいますので、航空運賃そのものが下落している基調にあります。
格安航空券・ホテルを検索最安値航空券+ホテルを1発検索!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です