赤ちゃん連れ歓迎の岐阜県 下呂温泉 旅館・ホテル10選

下呂温泉 小川屋


下呂温泉は岐阜県下呂市にある温泉街で全国的に有名ですが、赤ちゃんを連れて出かけるとなるとまずおすすめは小川屋です。こちらの宿ではまず駐車場があるので車で行けるうえに赤ちゃんデビュープランという飛騨川の眺望を楽しめる和室を提供してくれて、手ぶらで行けるようにオムツ10枚やお出かけ用のミルク、ミルク瓶消毒用のミルトン、オムツ専用のゴミ箱の提供など様々なグッズを提供してくれる点で赤ちゃん連れには安心できるプランを提供しています。
下呂温泉 小川屋

下呂温泉 山形屋


次に下呂温泉山形屋です。こちらは益田川沿いに位置する宿で駐車場もあるため車でアクセスすることが可能です。そして旅のプランとして赤ちゃんプランというものを用意しており、赤ちゃんが温泉デビューできるようなサポートをしています。赤ちゃんが泣いたりすることで周囲に気を使って食事を楽しめないことを防止するために部屋食を提供していますし、紙オムツ5枚とおしりふき、そしてオムツ専用のごみ箱などのアメニティも準備してくれます。
下呂温泉 山形屋

ブリーズベイホテル&リゾート下呂


続いてブリーズベイホテル&リゾート下呂です。全国に90店舗を展開するホテルチェーンで洋風のホテルビルディングという施設になっています。このホテルの特徴としては家族旅行を応援として添い寝幼児は無料というプランがあることで、このプランを活用することでコストパフォーマンスのよい旅ができることです。さらに家族風呂が貸切で使用することができるので赤ちゃんも連れて温泉の風呂に浸かるデビューといういうのを気兼ねなく行えます。
ブリーズベイホテル&リゾート下呂

下呂温泉 木曽屋


その次に上げるのが下呂温泉木曽屋です。和室の旅館という設えとなっています。この宿の提供するプランとしては添い寝幼児無料というプランを提供していることであり、料理として四季の創作料理を部屋でゆっくりと食べることができるので赤ちゃんと触れ合いながら気兼ねなく食事ができます。特に朝晩とも部屋食なのでその点が赤ちゃん連れにとってはありがたい点です。夕食は部屋食でも朝食はバイキングのケースだと両親のどちらかが部屋で赤ちゃんをみているといった事態も生じますが、そのような心配がないのです。
下呂温泉 木曽屋

下呂温泉 望川館


最後に上げるのが下呂温泉望川館です。こちらは3歳未満の子どもは無料というプランを提供しています。特に和室で15畳という広さの部屋を提供しているのが特徴であり、夕食時は個室でゆっくりと過ごすことができます。また熟練のスタッフの気遣いが売りであるので、困りごとがあればすぐに相談すできるという点も安心できる点です。そして貸切風呂があるので赤ちゃんがいても気兼ねなく温泉デビューさせることができるところもうれしい点といえます。
下呂温泉 望川館

下呂温泉 水明館


下呂温泉で赤ちゃんにおすすめの温泉旅館は全国でも一流旅館として有名な「水明館」です。
水明館ではキッズアメニティーが充実しており、お子様用の歯ブラシをはじめいちご味の歯磨きジェルや頭皮に優しいノンシリコンシャンプーやリンス、ボディーソープがあります。
チェックインが14時でチェックアウトは12時となっているので館内でゆったりとした時を過ごす事が出来ます。
旅行の際には、天候によっては観光することもままならないこともあるので長く滞在できるのはメリットでしょう。
下呂温泉 水明館

下呂温泉 神明山荘


下呂温泉のくつろぎの宿「神明山荘」は歴史的要素も高い舞台峠にあるので高台から下呂の街を一望できます。
景色を見ながら家族でのんびりと過ごす事が出来るでしょう。
一歳未満のお子様(0歳)は、寝具不要なら無料で利用することができるので赤ちゃん連れにおすすめの旅館です。
貴族の湯として名高い「トロン温泉」で日ごろの疲れを癒してみればいかがでしょう。
料理も炭火囲炉裏会席となっており地元ならではのグルメを堪能できます。
下呂温泉 神明山荘

下呂温泉 富岳


100%源泉かけ流しの湯として有名な下呂温泉の「富岳」は、お子様連れには優しいサービスがたくさんあります。
バンボやベビーバスチェアといったベビー用品に加えて、温泉の脱衣場にはベビーベッドと赤ちゃん専用のおむつごみ箱まで設置されています。
このようなきめ細かき気配りがされているので旅館で過ごす際の不安も少なくなるでしょう。
また、食事や寝具が不要な一歳未満児は宿泊料金も無料になっているところもメリットです。
下呂温泉 富岳

下呂温泉 ホテルくさかべアルメリア


下呂温泉で初めての赤ちゃん連れの旅を楽しむのなら「ホテルくさかべアルメリア」の利用がよいでしょう。
託児所や無料のキッズルームもあるのも魅力で、場合によっては食事の際に預けることも可能となっており、夫婦二人でゆったりと食事を堪能することもできるでしょう。
「ホテルくさかべアルメリア」はホテルとうたわれているものの洋室のほかにも、旅館と同様に和室も完備されているので段差のない安全な畳のスペースで過ごす事もできます。
下呂温泉 ホテルくさかべアルメリア

大江戸温泉物語下呂


下呂温泉では数少ない自家源泉を持つ「大江戸温泉物語下呂」も赤ちゃん連れにおすすめです。
数ある旅館の中でも宿泊料の安さに定評があり、一泊二日で二食付きにもかかわらず一万円以内の料金となっています。
一歳未満のお子様は宿泊料が無料になっているのでお財布にも優しいのが魅力です。
食事は和洋バイキングなので好きなものを好きな分だけ食べることもできます。
無料の全自動マッサージ機も設置されており、育児の疲れを癒す事もできるでしょう。
大江戸温泉物語下呂

下呂温泉の魅力 3つのおすすめポイント

おすすめポイントその1

岐阜県にある下呂温泉は、兵庫県の有馬温泉、群馬県の草津温泉と並ぶ「日本三名泉」のひとつとして広く知られています。おすすめポイントの1つ目はその湯量の多さと泉質で、14の源泉から約55度のお湯が毎分約2300リットルも湧き出ています。下呂温泉はアルカリ性の泉質で、お湯に入るとツルツルした感触を楽しむことができ美人の湯としても有名です。また、リウマチや運動機能障害、神経麻痺、疲労回復にも優れた効能を持っています。

おすすめポイントその2

下呂温泉のおすすめポイントの2つ目は、アクセスに優れている点です。JR高山本線の下呂駅を下車すると目の前に飛騨川が流れており、その川沿いを始めとした周辺一帯を称して下呂温泉郷と呼んでいます。駅前からすでに温泉街ならではの雰囲気が漂い、日本人の原風景が凝縮されたような景色が懐かしさを感じさせてくれます。温泉街には無料の足湯も多く、温泉街の情緒に包まれながら足湯を楽しみ、ゆっくり散策するのもおすすめです。

おすすめポイントその3

下呂温泉のおすすめポイントの3つ目は、観光にも適しており、喧騒と静寂の双方を味わえることです。飛騨観光の拠点として多くの人が立ち寄るため、温泉街には歓楽的な場所が集まり賑わいが絶えません。その一方で、夕方から夜になるとひっそりと静まり返り、温泉宿の灯りが飛騨川に映りノスタルジックな雰囲気を味わうことができます。周辺は山々なので自然も多く、川面を見渡しながらゆっくりと温泉に浸かって非日常を感じることができるのが大きな魅力です。